*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

コバヤシチサと一緒に走ってくれる、
店舗・企業スポンサー様を募集しております。
ご連絡お待ちしております!!

↓個人スポンサー様用ページはこちら↓
¥300からのスポンサー様・募集中!!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


こんばんはーーー


以前ちらっと書いた【浅野ゆかりさん】の事を少しだけ書こうと思います。
(全部書くと長いので)笑

私がダーツを始めたのは12年半程前のことです。
19歳から始め、3か月で『ブルシューターアジアⅡ in 香港』に出場させていただくことに。

今思うと、初めての大会がアジア大会って、ぶっ飛んでるなって思います(笑)
しかも結構勝ち進めて楽しかったんですよねぇ。

その時見た、【日本選手団】

JONNYさん、9910さん、谷内太郎さん、K-PON、浅野ゆかりさん、嵐さん、斉藤あやきさんなどなど
書ききれない程沢山の選手が、超かっこいい試合をしていました。

後にsecretで一緒に闘う事になるK-PONの試合もこの時始めてみたのでした。

で、女性人で私にとてつもない影響を与えてくださったのが、
ゆかりさんとあやきさんでした。

かっこよくて、優しくて、強くて、かわいらしくて、綺麗で。

その後私も真剣にダーツを始め、2年後、プロとして同じ舞台に。
それから2年間、沢山勝てたものの、『2位』か『3位』止まり。

…「北海道では負けなし」伝説は、根も葉もないうわさです。
負けた事しかない。

なんせ初出場初優勝のPERFECTが、プロとしては、人生初の優勝でしたから。

そのなんと9割が、【浅野ゆかりさん】に負けたのでした…
決勝まで行くけど、ゆかりさんに負ける。
3位だった時は、準決勝でゆかりさんに負けました。

それを2年間。
もう1年を過ぎたあたりで、
「決勝でゆかりさんとやるため」
だけを考えて試合をしていた気がします。

そしてD-CROWNがなくなり、私は産休に入り、少ししてからPERFECTに移籍して一番に思ったのが、
「これでまたゆかりさんと闘える」
でした。

PERFECTでゆかりさんに初めて勝てたとき。
優勝した時より泣きました。

嬉しくて、寂しくて、楽しくて、苦しくて。
早く勝って終わりたいような、永遠に試合をしていたいような。

その後ゆかりさんの都合もあり、対戦は今までしていません。

でも、また戦いたい1人ではあります。
きっと一生。

あの時香港でゆかりさんに会わなかったら、こんなにダーツに真剣じゃなかったと思います。
ゆかりさんが数々の伝説を作ってくれてなかったら、私の夢もなかったと思います。

私の原動力を作ってくれたのが、生きる伝説【浅野ゆかりさん】。

一緒に日本代表チームになりたい。

そう思って初めて、今も変わってないです。
私の「日本代表」への執着は、ゆかりさんへの憧れがあったからです。

子供たちが親離れする頃には、あの頃のゆかりさんの年齢です。
きっと。かならず。

一生憧れです。
出会えた事に感謝します。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

≪amazon≫

私は当時、DMCのフェニックスを使っていて、
それをたまたまいた野村さんが見せてって言ってくれたので、
ついでに「DMCに入りたいです」って大真面目に言ったら、
「ちさちゃんはダメだなー」って冗談で流されたのがいい思い出です(笑)

しかもそれ、ダーツ初めて3か月目(笑)
そらダメだ。笑