コバヤシチサの頭の中。

北海道でダーツのプロとして活動しています。

secretというダーツメーカーにメインスポンサーをしていただいていて、

PERFECTとD-CROWNというプロ団体に所属しております!

同時に、めんこい女の子と男の子も育てています♬

プロスポーツ選手としても母としても

出来ることを精一杯頑張ってまいりますので、 よろしくおねがいします!!

◎スポンサー企業様◎

secret様

L-STYLE様

べろー家様

鉄板ダイニング zill様

new ARROW様

new ARROW ch.様

焼肉やいま様

三ツ星タクシー様

しゃぶしゃぶ仙人様

沖縄ダーツ応援団様

四国ダーツ応援団様

I.S.D.A(石垣島ダーツ協会)様

タグ:Players1st

店舗・企業スポンサーを募集しております。
ご連絡お待ちしております。

↓個人スポンサー用ページはこちら↓
¥500からのスポンサー募集中
※特典付きシステム追加しました。
-----------------------------------------------

こんばんは!!

ちょっとだけ真面目なお話をしようと思います
(`・ω・´)キリッ←もう真面目じゃない。

長いのでお暇な時にでも、付き合ってください。

「最近コバヤシなんか色々やってんなー」
って思ってる方も多いかと思います。

そーなんですよ。
色々やってるんです(`・ω・´)キリッ

沢山やり始める前にね、
ちょっと真意を書いておこうかなって。

最近私は、今までコバヤシチサの頭の中にあっただけの「考え」を
これからは出していこうかなって思っています。

誰もやっていなかったことも、既存のものも。

あ、批判もあるのは重々知ってますよーっと。笑

例えば、今回のオンライン対戦付き・スポンサー募集」に関しても、
「お前なんかに¥3500も出せるか」とか
「もっと安くていいだろ」とか
「知名度高いつもりなの?www」とか(笑)
色々思われているのかも。
今までの経験からすると。笑

優勝した時に「育児放棄」ってdisられたので(笑)
その時がっつり思ったんですよねぇ。
批判って…本当にされるんだなぁって(笑)

でも私が色々やる本当の意味はそこら辺じゃないんですよね。
なんてゆうか…誤解?ってゆうか、なんてゆーか…
なんかこう…真意はそこではないんです。←もどかしい語彙力の無さ

勿論、真面目にスポンサー募集してます。
自分のために行動してますとも!
スポンサードに見合うだけの行動もするつもりです。

でも、私が一番拡散したいのは、
「こんなことも出来るんだ!」
「こんなこともやっていいんだ!」
みたいな事です。

「今までになかった事」をやる。
成功してもしなくても、
「なんかやってるぞ」
ってのは残る。


またやる。
また残る。 

その繰り返しをしているうちに、
「じゃあこんなのはどうだろう」
ってゆう意見が別の誰かから出る。

「いや、それよりこっちのやり方がいいよね」
ってゆう新しい意見がまた別の誰かから出る。 

「じゃあ他には?」
それぞれがそれぞれの価値観と感覚で考えてやるのが普通になっていく。 

それはとても自由でいて、
なおかつダーツプレイヤーや、
ダーツ業界全体の幅が広がる事なのではないかと、
私は思っています。

そしてなにより、沢山の情報や意見が飛び交うの、
楽しくないですか?笑

そしてそれは勿論、ダーツが生まれたその日から、
多くの先人の方々が本気でやってきてくださったので、
今私がいる場所が存在しているのだとも思っています。

感謝してもしきれません。

返しきれない恩は、巡らせるべきものだと思っているので。
今度は、私が。私たちが。

流れの、ほんの少しのとっかかりを作れたら。

私の力はとてもとても微力で、考えも至らないことが多くて。
やった後に、「あぁ、ちょっとダメだったなー…」って事も多々あります。
だからこそ、「○○やってみた!」を発信していこうかと。

誰かの別のアイディアの種になれれば。それで。

私は私で、楽しくてワクワクする事を今まで貯めてきました。

私の人生において、他にも大事な事が出来て、
ダーツを後回しにしている期間がありました。

その期間に、
「行動はできなくても、考える事はできる」
と思って、私なりに、沢山の事を考えてきました。

たくさんのワクワクする事。
出来るだけ皆でワクワク出来る方法。
そんな7年。

そろそろ色々落ち着いてきたので、
少しずつ、やれそうな所からやっていきます。

私が思っていたよりずっと多くの、
賛同してくださる方がいて、
応援してくださる方がいて。

批判より、ヘイトスピーチより、
ワクワクが勝っているので、このまま進もうかなーと。
*:≡( ε:)

なので、「あいつまたなんかやってる(笑)くらいな感じで見守っていただき、
少しでも「おもしれーな」って思った事は
沢山拡散いただけたらなって思っています (´∀`*)

流れ。
良い流れも、悪い流れも、「流すもの」がないと生まれないので。

コバヤシチサなりの「流すもの」創り。
頑張ってまいりますので、
少しでも興味を持っていただけたら幸いでございます。

そんな感じー\\\\\\ꐕ ꐕ ꐕ////

あでゅ!!!

長々読んでくださってありがとうございます( ˘ω˘ ) スヤァ…

-----------------------------------------------

≪amazon≫

万人が感動するような素敵な映画は作れないけど、
映画のような人生を作ることは出来ると思う。

出来ればハッピーエンドで。

ピクサー流 創造するちから――小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

-----------------------------------------------

   secretより絶賛発売中♬

【 secret 】 CHISAモデル type2

CHISAモデル 【 ハードダーツ 】 もあるよ

-----------------------------------------------

     《 スポンサー 》

secret 】  のfacebookはこちら

ダーツグッズなら   【 L-STYLE

ダーツとお料理   【 鉄板ダイニング zill

ダーツ動画といえば 【 new ARROW ch.

家族連れも安心 【 しゃぶしゃぶ仙人

カラーワックスといえば  【 EMAJINY

メンズファッション通販  【 High-Hat

家具と雑貨  【 PLAN DE HOUSE

北海道 】  D-1グループ情報

沖縄 】 ダーツ応援団

石垣島 】 ダーツ協会≪I.S.D.A≫ 

随時店舗・企業スポンサーを募集しております。
ご連絡お待ちしております。

↓個人スポンサー様用ページはこちら↓
コーヒー一杯分でスポンサーになる方法
-----------------------------------------------

こんばんは!!

ブログの上のリンク

↓個人スポンサー様用ページはこちら↓
コーヒー一杯分でスポンサーになる方法

てやつ。
これを発見して登録して、ちょっとずつ変化があったので書こうかと.。゚+.(・∀・)゚+.゚

これは、企業に向けたものではなくて、本当に単純に、
「応援してくれている個人」
に向けた募集サイトなんです。

例えば
「応援している選手が今度遠征に行くらしいから少しでも足しにしてね」
っていう意味で、1回のみ¥300円から好きな値段を設定して、
スポットスポンサーみたいな感じで送ることもできますし、
「継続的に支援していきたい!」
とのことであれば、その選手が設定したスポンサー契約に申し込むこともできます。

「これ、遠征費の足しにしてね」
って現金を渡すには気まずいし、
かといってダーツ以外のお仕事についている人への直接の支援も難しいし・・・

そんな時に何か良いシステムがきっと今の時代はあるはずだ!!
とのことで、検索して、見つけたのが『 Players 1st 』でした。

他にも何個かありましたが、まだ認知度の低い「ダーツのプロ」が使うには、色んな意味で
『 Players 1st 』が適度かなって思って、
「自分のため」というのももちろん大きくありますが、
少し自分で人体実験的なことも含め、登録してみたのでした。

・・・あと、たくさんのマイナー競技の名前があるのに、
「ダーツ」が一覧にないのがもやもやしたのもあります(笑)

プロしか登録できない制度なので、
「ここに私が登録したら、『ダーツにもプロってあるんだ』って思ってくれる人がいるかな」
って思って。

で、「またなんか始めたぞ」みたいな感じでたくさんの方が見てくださり、
その後ちょこちょこダーツプレイヤーの方も登録し始め、
今や『12人』!!!

わぁ(´∀`*)

私のやった事に賛同してくれたわけじゃないかもだけど、
認めてもらえたようで嬉しかったです(笑)

スポンサー契約って、軽いものではないと私は思っていて、
でもしてみないと有難さも分からない。

私は運が良かったので、プロになってすぐスポンサーさんに恵まれたけど、
恵まれない人もいる。

そうゆう時は、自分から動かないと。って思います。

大会のブースで挨拶をする。とか、
大好きなメーカーがあったら大好きなんですって真剣に伝えるのだって、
なんだって良いと思うんですよね。

自分を応援したくなるような『何か』
それは自分からやらないと伝わらないです、きっと。

自分で何もしなくてもたくさんのスポンサーが付いてる人がもしいたら、
それはその人の『人柄』だったり、『魅せ方』がすばらしいんだと思います。
結局、無意識にやってるってことです(笑)

何もやらないのでは始まらない。

じゃあ何が出来るか皆目検討もつかない。
そんな時の具体的なアクションの1つとして、
『 Players 1st 』も考えていただければなって思います。

あれ?
Players 1stの会社の人見たくなってる・・・

違うからねー
ただの登録者です(笑)

登録者増えてきたねって思ったので、記事にしてみました。

『 Players 1st 』
検索で「ダーツ」ってしてみてね♪

あ、企業様はこちらではなく、個別にご連絡がほしいです。
あくまでも、「応援してくださる個人様」向けです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

では。
あでゅ

-----------------------------------------------

≪amazon≫

最近たくさんの面白いお話や発見があって、
やりたいことが増えていくのに、時間が足りず牛歩のごとく・・・

誰よりも先にやりたいコバヤシは焦る(笑)

まぁ、がんばります('▽'*)ニパ
メジャーリーグの現場に学ぶビジネス戦略―マーケティング、スポンサーシップ、ツーリズムへの展開

このページのトップヘ